堂々巡りの思考の果てに

好きに喋るDoll中心のブログ。BL有。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

何となくメイク

講座と呼べるほど上手くないけど、友人用に覚え書き。長くてごめんよ。
人様の講座見たり教室行ったり自己流だったり。

組み立て式MSDなどは耐水ペーパーでバリ(合わせ目の段差)を取ったり、メラニンスポンジで肌を整えたりした後、中性洗剤で洗います。ヤスリで整えると絵の具やパステルのノリがいいって聞いた。
眉毛のモールド消し、アイホールの整えもついでにやってしまいます。

そして道具。SDもDDも同じ道具使ってます。
++
耐水ペーパーは400~1000ぐらいを数枚使い分け。
私の場合うすめ液はメイクを落とす専用。
フィニッシングスプレー(UV)は模型店にあるトップコート(つや消し)でも可。私はどれを買っていいのか分からなくて下地から仕上げまでこれ一本。
木工ボンドは睫毛用。忘れたけど爪楊枝も使って付けます。
絵の具はアクリルガッシュを使用。家にあったから使ってるけどこれを書くにいたってアクリル絵の具が別物だと知ったので今度買って来る。
パステルはボークスで売っているのがよく乗って好きです。ゴンドラらしいのでバラで買ってもいいと思う。左にあるのはホルベインソフトパステル。
綿棒とメイクブラシでパステルを乗せます。イエス100均
パレットは何でも良いよ。
写ってないけど筆はボークス製造形村の…店員さんにオススメを聞きましょう。

道具に関してはプーリップカスタムまとめWikiが分かりやすかった。

今回の練習用に犠牲になってくれたミニ13番さん。耳がないのは妖精ヘッドなので。
既にメイクを落としてスプレー済み。
スプレー利用の際は手袋・マスク着用で飛び散っても大丈夫な場所で行ってください。
++
まずはえんぴつで眉毛の下書き。薄くて見えないね、ごめんね。
強く書くとヘッドに傷が付くかもなので優しく薄く柔らかい鉛筆で。と言いながらシャーペンで書きました。
他にはボークス製下書きペン、水彩色えんぴつとかも。
右は下書き参考に薄いベージュでベース描き。
生意気君イメージです。


++
焦げ茶っぽい色で本書き。
水分を付けすぎず4本くらい線を描いたら補充するくらいで描きます。
口角のゴマは生意気君イメージなので笑ってるみたいにグリグリと。
アイホール内側を焦げ茶、目頭をピンクで塗ってます。

次はパステル
++
私は紙に擦り付ける派だけど大半はヤスリで削った派な気がする。

忘れていたリップの縦線追加
++
右で囲った丸は茶色数種で綿棒でポンポン、グリグリ乗せていきます。何度も何度も。薄い色から濃い色で乗せてね。
瞼は焦げ茶+黒少量、下睫毛は茶+焦げ、目頭周辺は桃色。リップも綿棒で。
今回はミニなので通常より細い綿棒を使ってます。
左で囲った丸はメイクブラシで。女の子ならピンク+赤。男なのでオレンジ+茶
こっちはすぐ色がつくので少しずつ薄く乗せてね。

パステル乗せが終わったところでスプレーで定着を。スプレーここで出番終了。
+
ホビーカラークリアでぷるうるリップを。削ったパステルを加えると色が付くよ。
アイホール周りも塗ってうるうるにします。
この後にスプレーするとつや消しなのでうるうるが消滅します。


+
グロスが乾いたらこんな風に爪楊枝で木工用ボンドを塗りピンセットで睫毛を貼り付け。ボンドはうすめ液で取れるよ。
睫毛は人間用を切ってます。イエス100均
ボンド塗りすぎ注意。

私のやり方が正しいわけではないので色々見て方法の一つとして参考にして頂けたらと思います。



ではこれで完成。13番空晶さんお疲れ様でした。お付き合い有難う御座いました。
++
空晶「うむ。精進するべし」
【 2013/02/18 】 小物・資料・製作 | TB(-) | CM(-)
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。